卵殻膜美容液の毛穴効果がすごいってマジ?!

卵殻膜美容液の毛穴効果がすごいってマジ?!

 

毎日のスキンケアは大切なものですが、しっかりケアをしているのにあまり効果を感じられないという人も多いのではありませんか?
特に毛穴の悩みは、顔全体を老け顔にさせてしまいますし、何かと厄介なものです。

 

そんな時には、卵殻膜美容液がおすすめです。卵殻膜とは卵の殻についているものであり、そこに含まれている成分が美容効果が高いと注目されています。
今回は、そのような卵殻膜が秘めている効果や卵殻膜美容液の注目成分などを紹介していくので、ぜひチェックしてみてください。

 

 

卵殻膜美容液が毛穴ケアに効果のあるワケ

 

 

卵殻膜とは、その名のとおり卵の殻の内側に付着している内膜のことです。

 

鶏などの鳥類は人間のようにお腹で子供を育てる胎生ではなく、卵の中で雛が育つので、母親から直接栄養をもらうことができません。
そのため、卵にはあらかじめ栄養がギュッと詰まった卵殻膜というものが備え付けられており、そこから雛は栄養をもらって育つのです。

 

卵殻膜は昔から注目されていたもので、古くから力士の間では傷の治療に使われていたと言います。
主成分はたんぱく質で、ヒトの皮膚の真皮にある線維芽細胞を増やす働きがあることがわかっています。

 

卵殻膜には美容成分が豊富

卵殻膜には、栄養がたくさん詰まっているわけですが、中には美容に効果的な成分も多数配合されています。

 

18種類ものアミノ酸が天然で配合されている点もすごいのですが、他にもヒアルロン酸やコラーゲンなどの美肌成分も豊富です。

 

また、シスチンという成分は体内に入るとL-システインという成分を作り出します。
シスチンはもともと人の肌に備わっている成分でもありますが、卵殻膜にはなんと人間の肌にあるシスチンの5倍の量が含まれているのです。
そしてシスチンにはメラニン生成を抑えてシミやソバカスを防ぐ美白効果が期待できます。

 

さらに、注目すべき成分としてⅢ型コラーゲンがあります。
Ⅲ型コラーゲンが肌を柔らかくすることで毛穴のケアをすることができるのが大きな魅力です。

 

卵殻膜美容液で毛穴ケアができる理由

毛穴ケアのための商品のように、卵殻膜美容液を使うことで毛穴を直接ケアできるというわけではありません。

 

しかし、卵殻膜美容液に含まれるⅢ型コラーゲンという成分には、肌に弾力を与える作用があります。
肌の弾力が失われると皮膚が重力によって垂れてしまい、毛穴が開きやすくなってしまいます。

 

 

卵殻膜美容液に含まれるⅢ型コラーゲンが角質層を潤いで満たして肌に弾力をプラスすることで、肌が引き締まって毛穴も目立ちにくくなるのです。

 

「柔軟性コラーゲン」という別名があるほど肌の柔らかさや弾力をアップさせるⅢ型コラーゲンのおかげが毛穴悩みを解消し、ふんわりとしたもっちり肌に導いてくれるわけです。

 

卵殻膜美容液の作用

 

肌は日々ダメージにさらされています。
紫外線などを受けると肌にとっては大ダメージとなってしまい、水分も奪われてしまうので乾燥しやすくなるでしょう。
また、紫外線によるダメージから皮膚を守るためにメラニン色素が作られると、それがシミやくすみにつながってしまいます。

 

Ⅲ型コラーゲンは、傷ついた肌を再生する働きがあるので、シミやくすみができてしまっても軽度のものであれば修復することができます。
また、肌の再生によって肌代謝が促進されると、肌もどんどんきれいに生まれ変わることができます。

 

ただ、人の肌にあるⅢ型コラーゲンは25歳を境に減り始めてしまうので、次第にⅠ型コラーゲンの割合が多くなってしまうでしょう。
そうなると、肌に水分を保持することも難しくなり乾燥しやすくなりますし、肌が固くなってしまいます。

 

また、通常の化粧品ではなかなかⅢ型コラーゲンを補うことができないので、卵殻膜美容液に注目が集まっているのです。

 

卵殻膜美容液を使う際のポイント

肌を温めてからつけると効果的

卵殻膜化粧品に限ったことではありませんが、スキンケアをする際にはその時の肌の温度が重要になります。

 

スキンケア用品をしっかり肌の角質層まで浸透させるためには、毛穴が閉じた状態ではうまくいかないので、毛穴をしっかり開かせておく必要があります。
そのためには、肌を温めてからつけるようにすることが大切です。

 

お風呂上がりの体が温かくなっているタイミングでスキンケアをするか、あらかじめお湯などに手をつけて手を温めておくといいでしょう。

 

いつものスキンケアにプラスすればOK

美容液を使ったことがないという人もいれば、いつも美容液を使っているという人もいると思います。
卵殻膜美容液は特別な使い方をする必要はなく、毎日のケアにプラスしてあげればいいのです。

 

いつも美容液を使っていない人は化粧水や乳液と合わせて使えばいいですし、いつも美容液を使っている人は、そこに卵殻膜美容液をプラスオンすればいいでしょう。

 

基本的に美容液と呼ばれるものは化粧水の後、乳液の前に使うものですが、卵殻膜美容液の中にはブースターのような役割を持っているものもあり、洗顔後すぐ、化粧水の前に使うことを推奨しているものもあります。
そのような場合には、パッケージの使用方法を採用してください。

 

マッサージ用に使うのもおすすめ

卵殻膜美容液は、リンパマッサージなどの際の潤滑剤として使うのもひとつのポイントです。
血行が滞ると体が冷えやすくなるなどの悪影響があるのと同様、毒素排出の役割を担っているリンパの流れが滞ることで、代謝が落ちます。
代謝が落ちると肌トラブルも改善しにくくなるので、リンパマッサージはとても重要なものなのです。

 

そのようなリンパマッサージに卵殻膜美容液を使うことで、代謝アップと肌再生の相乗効果が得られるので、肌の生まれ変わりがスムーズになり、肌トラブルも改善しやすくなります。

 

卵殻膜美容液と併用したい毛穴ケア方法

 

洗顔

皮脂などで毛穴が詰まってしまうと、毛穴が開いて黒ずんで見えてしまうため、肌の見栄えが悪くなります。
特にオイリー肌の人は皮脂が多くなり、それがたまってニキビなどができやすくなるので要注意です。

 

余分な皮脂をしっかり落とすためには、毎日の洗顔が欠かせません。
特に、話題の酵素洗顔などは酵素の力でタンパク質や脂肪を分解してくれるので皮脂をしっかり取り除いて肌をすっきりと保つことができます。

 

ただ、洗顔のしすぎは肌に必要な皮脂までも落としてしまうことになるので、1日に1~2回程度にとどめておきましょう。

 

保湿

毛穴が開いてしまうのは、肌から剥がれ落ちるべき老廃物が毛穴に溜まってしまうことが原因であり、ターンオーバーの乱れによるでもあるのです。

 

肌が乾燥したりするとターンオーバーが乱れてしまうので、できるだけ肌に潤いを保っておくようにしましょう。
そのためには、毎日の保湿ケアがとても重要なのです。

 

特に洗顔後は肌の潤いが落ちてしまっているので、しっかり保湿をしてケアをしていきましょう。

 

ピーリング

肌のトラブルは尽きないもので、角質が詰まってしまうことでも毛穴が開いて目立ってしまいますし、また毛穴の黒ずみも肌をくすんで見せてしまいます。
毛穴が気になった時には、角質を吸着してくれるジェルなどが含まれたピーリング剤を使うのも有効です。

 

ただ、ピーリング剤は使いすぎると肌のキメがなくなるビニール肌などになってしまうので、2週間に1回程度の頻度に抑えましょう。

 

炭酸コスメ

血管を拡張し、血行を良くすると人気の炭酸ですが、これが応用されているコスメもたくさんあります。
代表的なものといえば炭酸パックですが、血行を促進させて肌のターンオーバーを促したり、炭酸の刺激によってたるみがちな毛穴もキュッと引き締まるといった効果が期待できます。

 

また、炭酸の刺激によってリンパの流れが良くなってむくみが取れると小顔になったり、皮膚の細胞が活発になることによって自身の持つ保湿力のアップも望めるでしょう。

 

まとめ

毛穴がたるんでしまったり開いたままの状態だと汚れもたまりやすいですし、肌トラブルにも繋がりやすくなります。
肌を柔らかくして水分をしっかり保ち、毛穴を目立たなくさせる卵殻膜美容液はとても画期的なものなので、ぜひ試してみてください。

関連ページ

今注目の卵殻膜美容液、嬉しい2つの効果!【美肌&アンチエイジング】
東京大学も注目する卵殻膜美容液。一体、どのような効果があるのでしょうか。2つの効果を中心にお伝えしていきます。
卵殻膜美容液の副作用を知らないなんて!あなた正気?
元エステティシャンの私が、卵殻膜美容液のパワーも気になる副作用も、全部まとめて紹介しますね!